FXのレバレッジとスプレッドの違い

分かりにくい、FXのレバレッジとスプレッドの違いとは?

 

FXのレバレッジについて

 

レバレッジとは、「てこ」という意味です。

 

てこは、小さな力で大きいものを動かすことができますが、このことをFXに置き換えてみると、「少ない証拠金で大きな金額の取引をすることができる」という意味になります。

 

 

個人投資家の場合、最大で証拠金の25倍までのレバレッジをかけることができます。

 

例えば、証拠金4万円を入金して25倍のレバレッジをかけると、100万円分の取引が可能です。

 

株式投資や外貨預金の場合だと、100万円分の取引をするためには100万円分の資金が必要ですが、FXだとその必要はありません。

 

 

しかし、レバレッジをかければかけるほど、リスクも大きくなっていきます。

 

たった1円の値動きでも、1万円の損失が出る場合もあるので、場合によっては大損を被る可能性もあります。

 

ですから、初心者のうちはかけすぎないように気をつけて下さい。

 

 

FXのスプレッドについて

 

スプレッドとは、買値と売値の差額のことを言い、手数料として会社に対して支払うものです。

 

例えば、米ドルを買った時の買値が100円で、売ったときの売値が95円だったとすると、5円の誤差がありますよね。

 

この誤差がスプレッドです。

 

 

先ほどはわかりやすいように5円としましたが、実際は「銭」単位の小さな誤差になります。

 

そのため、「あまり気にしなくても良いのでは?」とも思われがちなのですが、「ちりも積もれば山となる」ということわざのように、少ない手数料でも、何度も取引を繰り返していれば、大きな出費になります。

 

 

FXは、デイトレードで取引をしている方も多いので、1か月の間でも結構なスプレッドが発生します。

 

ですから、少しでも取引にかかるコストを抑えるためには、スプレッドが低い会社を選ぶようにしましょう。

 

 

>FX情報館のTOPに戻る<