FXにおける為替差益とスワップ

FXにおける為替差益とスワップとは?利益が出る仕組みとは?

 

為替差益について

 

為替差益は、FXにおいて、為替相場の変動によって利益を得ることを指します。

 

 

例えば、1ドルが100円の時に1,000ドル(10万円分)を買ったとします。

 

その後、為替相場の変動で、1ドルが110円に上がった時にドルを売って日本円を買い戻すと、110ドル1,000ドルで11万円が戻ってきます。

 

 

10万円で買ったものが11万円で売れたわけですから、1万円分の利益が発生しますよね。

 

これが為替差益なのです。

 

 

もちろん、為替差益の逆もあります。

 

為替相場の変動によって損失が出ることは、「為替差損」と言います。

 

この場合は、例えば1ドルが100円の時に1,000ドル(10万円分)を買い、1ドルが90円に下がった時に日本円を買い戻すと、9万円が戻ってきます。

 

つまり、10万円で買ったものが9万円で売れたことになるので、1万円分損をすることになります。

 

 

ですから、FXで利益を上げるためには損を抑えて、利益を増やすためのテクニックが必要となります。

 

具体的なテクニックを学んでみたいという方は、Dealing FXのようなFX商材で学んでみるのも良いでしょう。

 

 

スワップポイントについて

 

 

スワップポイントとは、2国間通貨の金利の差のことを言います。

 

FXは、外国の通貨を売買した差額を利益として受け取る他にも、スワップポイントを利益として受け取ることもできます。

 

 

例えば、金利の高い国の通貨を買い、低い国の通貨を売ったとすると、その金利の差が利益として入ってきます。

 

もちろん逆の場合もあり、金利の安い国の通貨を買い、高い国の通貨を売った場合だと、逆に支払わなければいけなくなります。

 

 

スワップポイントは毎日発生します。

 

そのため、金利の高い国の通貨を長く保有し続けると、その分利益が得られます。

 

日本は世界的に見ても金利の低い国なので、基本的にはどこの国の通貨を保有していても、スワップポイントを受け取ることができます。

 

 

>FX情報館のTOPに戻る<